会社を知る Company

Company

東洋電機製造についてAbout us

東洋電機製造は、1918年に「鉄道車両用電機品の国産化」をめざして設立されました。

交通事業・産業事業・ICTソリューション事業の3事業を展開しており、開発センターでは新事業開発を行っています。交通事業では、鉄道車両用電機品のリーディングカンパニーとして、産業事業では生産設備機械のモータ、インバータ等の産業用電機品を中心に展開、ICTソリューション事業では駅務機器やIoTソリューションを開発・製造しています。開発センターでは、新しい事業・製品の拡大に向けた取組みを進めています。

当社はエネルギー効率の高い製品作りを通して、地球温暖化防止、環境型社会の実現に貢献しています。

交通事業

100年にわたり培った技術力で製造する鉄道車両用電機品は、電車のプロパルジョンシステム(駆動システム)、補助電源装置、戸閉装置など幅広い分野におよび、電車の安全性、快適性を追求することで、国内はもとより、海外の鉄道インフラの維持発展に貢献しています。

産業事業

製造業における生産・加工設備用システム、自動車試験システムおよび人々の日常生活に不可欠な発電・インフラシステムを通じて、広く国内・海外のお客様に貢献しています。省エネルギー対応のモータ、インバータ、そしてFAコントローラとネットワークを駆使した高いシステム構築技術による製品を提供するとともに、地球温暖化防止に寄与する「ものづくり」に取り組んでいます。



ICTソリューション事業

高度な情報通信技術とメカトロニクスを融合し、ICTソリューション事業として駅務機器システムとIoTソリューションの2つの分野で事業を展開しています。駅務機器システムは、定期券発行機や車掌用携帯端末などを開発・製造し、鉄道事業者様にスムーズな料金収受、収入管理システムを提供しています。IoTソリューションは、クラウドを活用したさまざまな設備監視や位置監視を実現し、お客様の省力化、省メンテナンス化に大きく貢献しています。

私たちの強みStrength

100年を超える歴史

1918年に「鉄道車両用電機品の国産化」を企図して設立され、国内はもとより広く東洋各国へ製品を輸出し、国の発展に寄与したいとの壮大な想いが、「東洋電機製造」という社名の由来となりました。そしてこの想いは、歴代の社員たちに受け継がれ、今では当社の製品は世界の社会・産業インフラシステムの発展に貢献しています。

専門性・スキル

営業・設計・製造の垣根なくプロジェクトに参加するため、お互いの専門領域を高め合いながらチームで成長できる環境です。また、外部研修や資格取得支援などの制度も充実。新卒入社5年以内に、国家資格である「応用情報技術者試験」を取得した社員も活躍しています。

サステナビリティへの取組み

当社グループは、SDGs(持続可能な開発目標)への取組みを重要な経営課題と位置づけ、その具体的な取組みの指針としてサステナビリティ方針を制定しています。

製品・サービスにおける取組み
生産活動における取組み

◎製品・サービスにおける取組み
卓越した当社グループの技術を用いて、持続可能な社会の実現に貢献する製品サービスを提供します。

◎生産活動における取組み
生産活動での環境負荷を低減し、地域の環境をまもりつづけます。

人と地域を大切にする取組み

従業員や地域社会を大切にし、心を未来に届けます。



Company 会社概要

会社名 東洋電機製造株式会社
事業内容 交通事業、産業事業、ICTソリューション事業、開発センター
設⽴ 1918年6⽉20⽇
代表取締役社⻑ 渡部 朗
資本⾦ 49億9839万円(2022年5⽉期)
売上⾼ 301億5800万円(2022年5⽉期 連結事業)
従業員数 830名(2022年5月末現在)
所在地 〒103-0028
東京都中央区⼋重洲⼀丁⽬4番16号
東京建物⼋重洲ビル5階